GOGOバーの遊び方、料金、営業時間

GOGOバーとはステージで踊っている女の子を眺めながら酒を飲み、
気に入った子を見つけたら本人と交渉して店外デートが出来る店。
水着で踊っているだけあって若い子が主体。




入場料や席チャージなどはありません。その代わり、ステージの
見物料として、ドリンクの値段は一般のバーと比べて少々高め。
ビールの小瓶1本120〜140バーツ程度。



バンコクでのゴーゴーバー密集地はパッポン、ナナプラザソイカウボーイです。
ナナプラザとソイカウボーイは歩いて移動できる距離なので(と言っても15分くらいはかかる)
この2箇所で50軒ほどのGOGOを覗けるでしょう。


(パンツはいてません)

女の子を店外へ連れ出す場合、店に支払う料金はだいたい600バーツが相場。
これはペイバー、またはBar fine と言って、働いている子が欠勤した場合に
本人が店に払わなくてはいけないお金。つまり、これを客が払ってあげることによって、
営業時間終了を待たずして仕事は終了。
客と外へ出ることが出来るという仕組み。



但し、これは店に払うお金。デート代は別です。
これは本人との交渉なのでハッキリとした決まりはありません。
なのでいろいろなパターンがあると思いますが、
相場はショート(数時間)で2000〜3000バーツ、ロング(朝まで)で3000〜4000バーツ、
プラス帰りのタクシー代(数百バーツ)といったところ。




ちなみに風俗のような「指名制」ではありません。こちらが選べば
無条件に相手がOKするわけではないのです。
相手が寄ってくるか、手の空いていそうな子を手招きしないと会話は
始まりません。誰も寄ってこなければ永久に放っておかれます。

向こうにも客を選ぶ権利があります。生理的に合わない人、
感じが嫌だなと思えば会話ができる距離に寄ってこないでしょう。



GOGOバーの営業時間は通常は午前2時まで。ときどき警察当局から
風営法の規制がかかり、その規制が緩むまでの間は1時まで。
ですので午前1時〜2時までと考えておけば間違いないでしょう。
始まりはハッキリわかりません。どんなに早くとも午後8時を回らなければ
まともにお客は入ってないと思います。




         役にたったらクリック1回おねがいします!
                     






交通  現地情報  タイ料理  ナイトライフ  観光  ニュース  コラム

TOP