タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 交通 > バイクタクシー(モーターサイ)


バイクタクシー(モーターサイ)

町中のソイの入り口に5人から10人ぐらいのバイクタクシーが待機しています。
料金は距離によって20バーツから30バーツほど。バイクの後ろに乗って
目的地まで運んでもらうわけですが、平気で幹線道路を逆走するので他人が
乗っているのを見ているだけでヒヤヒヤします。

私は本当に必要なとき以外は使うことはありません。タイの町の特徴は
ソイが奥の方まで四つ角がなく長く続いています。そしてソイの先は
行き止まりだったりと何だか不便な構造になっているのです。

そしてタイの人は歩くのが大嫌いです。日本人なら当然あるく距離(5分〜15分程度)
この距離を歩くことをタイ人は拒むのです。なのでソイの奥の自宅から
出てソイの中腹や入り口に待機しているバイクタクシーに向かって手を挙げて
合図を送るとすぐやってきます。

こうして日本では到底需要があるとは思えない商売が成り立っています。

しかし、料金は決して安くありません。バスなら20バーツでかなりの距離を
移動できますので、それと比べると結構割高です。それにバイクで最終目的地
まで行くわけではないと思います。降りたところからまた何か別の交通機関を使うはずです。

つまりバイクタクシーを使うと日々の交通費が倍になってしまいます。
日本のように勤務先からは交通費が支給されないのが一般的ですから、
普通そういうところで節約をすると思うのですが。如何にタイ人が歩くのが嫌いかということです。

旅行者にとってはあまり利用することはないと思いますが(できれば止めたほうがいい。危ないので)目的地のそばまで来たけどどこだかわからないしまだ距離もありそうだ。なんてときにはタクシーを止めなくてもそこらで待機
しているバイクタクシーに声をかけて聞いた方が便利なときもあります。

でも利用の目安は30バーツぐらいまでかな。
(2013 05 03)

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP