タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 観光 > チャオプラヤー ディナークルーズ


チャオプラヤー ディナークルーズ

バンコクの西側を縦断するチャオプラヤー川。川沿いには高級ホテルが
立ち並ぶ。昼間は交通路として多くの人が船を使って行き来する。
タイを代表する寺院なども川沿いに立ち並んでいる。



その昔、タイの人たちは川を中心に生活を設計していたため、家、寺院、
製材所、精米所、会社、商店などを好んで川沿いに建てた。川を船で
移動しているとこうした川を中心に栄えてきた文化の名残を垣間見ることができる。

夜になると、それら川沿いに立ち並ぶ建造物が光を放ち、素晴らしい
夜景を演出する。川に架かるたくさんの橋もライトアップされる。この夜景を
武器にしたレストランもたくさん点在し、当然ディナークルーズも現れる。



今回はリバーサイトホテルのクルーズを利用した。軽く500人以上は収容できる
サイズの船で、甲板には生バンドも待機。1階にもステージがあって
ディスコのような状態になっている。





出航すると爽やかな風が頬を突いて気持ちがいい。巡航速度は思っていたより速い。
川を北上し、1時間ほど走ったところでUターン同じ時間をかけて元のホテルへ
戻ってくるというパターンになる。

昔タイの人たちは方角にも性別をつけた。東から日が昇ることから東側が
優位とされ男、日が沈む西側が女と位置づけた。チャオプラヤー川の
西側に位置する寺の数々は女性の名前が付けられている。







今回のディナークルーズは大変満足だったけど、一つ気にかかることがある。
船には屋根が付いていない。突然スコールが発生するこの時期。雨が
降ってきたときには一体どうするつもりなのか??
(2012 04 07)


タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP