タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 観光 > シーチャン島


シーチャン島

バンコクから車で1時間半。パタヤよりも若干近く、日帰りでも楽しめる島。
宿泊施設も充実しているので、余裕を持って1泊してみるのもいいでしょう。
小さい島ですが、外国人観光客が非常に少なくて私好みです。

バンコクのモーチットバスターミナル、エカマイバスターミナルからバスが、
バンコク各所からシーラチヤー行きのバンが出ています。料金は100バーツ程度。
シーラチヤーのロビンソン前で降りて、そこから船着場までトゥクトゥクを利用します(50バーツでした)





船は1時間に1本で料金は40バーツ。(何時から何時までか確認し忘れました)ここから島まで約45分ぐらいなの ですが、
なにせこの船、遅いったらありゃしない。しかも結構揺れます。乗り物に弱い方はご注意ください。高速ボートなら3 分の1ぐらいでしょう。

動画 シーチャン島行きのボート

島につくと早速トゥクトゥクやモーターサイ、レンタルバイクなどの勧誘で
人々が寄ってきます。(私はこれが大嫌い)大まかな料金はレンタルバイクが
1日300バーツ。トゥクトゥクが数時間で250バーツ。(そのときは1日で250バーツ
と言われましたが、午後2時だったので、まあ結局数時間ってところでしょうか。

ウェブサイトで多少の下見はしてきたものの、どこに泊まるか決めてなかったので
とりあえず歩くことに。町の中心は普通の商店や食事どころがたくさんあって、
観光客用のものは少なく地元の人向け。お土産屋らしいところもない。
これが私にはポイントが高い。







北へ歩くこと約1キロ、町からは完全に離れた何もないところに宿を取りました。コ・シーチャンリゾート(1泊10 00バーツ)静かなところで周りには
何もないですが、ホテルの前に道を渡ると展望台があって高台から広い
海を見渡すことができます。









今回の私の目的は「静かなところで読書をすること」でしたので、目的に
あった最高の場所でした。









島は小さいと言っても歩いて全てを回るのはとても無理。レンタルバイクを
かりて好きなように動くか、250バーツのトゥクトゥクを雇って見所を
案内してもらうといいでしょう。ここのトゥクトゥクは本土では見かけない
特別仕様。名前を聞いたけど忘れてしまいました。。通常のトゥクトゥクよりも
大きいです。





町から南へ2キロぐらい下ったところに小さなビーチがあります。この島での
本当のビーチは島の西側にあって、ここよりは多少大きいようです。
今回は全て徒歩でしたので、町を中心とした南北2キロ程度しか活動
しませんでした。








(↑本を読むには最高でした)

シーチャン島の全体の感想は、外国人観光客のいない素朴な島で、
観光の島でありながら、地元色が強く、決して観光客用に全てがいたれり
つくせりではなくて、それが新鮮でした。なので島全体の物の値段というのは
高くなく、外国人に対して特別料金を吹っかけるようなことはないようです。

日本からやってくる旅行者にとっては、同じ海ならばここから近いパタヤの方が
刺激があっていいでしょう。でも「いわゆる観光地」というろころから一歩
離れた雰囲気を求めるのであれば、シーチャン島は隠れた穴場という存在です。




(2011 11 26)



タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP