タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 交通 > 役に立つバンコクの地図


役に立つバンコクの地図


バンコクは交通網の行き届いていてどこに行くにも便利です。
BTSや地下鉄を使えば主要なところは回れます。さらにバスを使えば
いけないところはないでしょう。

ですが土地勘や、日本と比べれば不親切極まりない(分かりにくい)
バスをどう使いこなすか? ここに便利な地図があるのでご紹介しましょう。
これらは日本書籍が売っているところであれば置いてあります。
(伊勢丹の紀伊国屋やエンポリアムなどにある東京堂書店など)

バンコクバス路線図



市内を走る全てのバス(経験上、抜けてるのもあるみたいですけど)
路線図がバスの番号順に分かれています。これ一冊でどこを何番のバスが
走っているのか人目で分かるので、バスを乗り継ぎ目的地まで最安値の
交通手段で辿り着けるでしょう。

難点は一つの地図上に全ての路線が書かれていなくて、バスの番号順に
ページが分かれていること。あまりに路線の数が多いので、全てを
同じページに載せるのは無理なのだと思いますが、これによって同じ
道を走るバスを探すのにいくつものページを見比べないといけないということ。

あと欲を言えば、各路線のバスがどんなタイプなのか(色、エアコンの有無)
書いてあると最高に使いやすいんですけどね。まあ、今現在あるものとしては
とても便利であることには変わりありません。


歩くバンコク



BTS、地下鉄の駅の周りを紹介しているタウンガイド。
主に飲食店を探すのに役に立っています。
デパートやショッピングセンターなどの中にどんな飲食テナントが
入っているかも書いてあるのでいいです。

地図上の店の詳細情報のページは少ないのですが、睨めっこ
すればどこで何が食べられるかがわかるので、私はこれをもって
フラっと楽しい夕食を求めて出かけています。


ジーダイアリー



言わずと知れたタイの風俗情報誌。 シーロムエリア(パッポン、タニヤなど)
スクムヴィットエリア、一部地方(チェンマイ、パタヤ)のナイトライフマップが詳細に
書かれています。またペップリー、ラチャダーなどのMPエリアの地図と
たった一言だけど非常に貴重な情報を店舗ごとに書き込んであるのがうれしいですね。ナイトエリアで飲み歩 く人には是非オススメです。

この3点があれば、初めてタイを訪れても(内容はバンコクに限りますが)
十分に散策できるでしょう。
(2011 02 03)


タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP