タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 観光 > スクムヴィット通り


スクムヴィット通り


バンコク スクムヴィット通り、特にBTSのナナ〜アソーク辺りは
外国人専用の通りと言ってもいい地域。ソイ3周辺のアラブ人街、アフリカ人街
ソイ4のナナプラザ、通りやソイは主に欧米人用の店で埋め尽くされている。

高級から中級のホテルが乱立していて常に人が溢れ、朝まで繁華街状態が
続く活気のある街。タイへ初めて来たとき、何もわからずにたまたま飲む
場所がたくさんありそうなこの街に宿をとったことがきっかけで、以来この
街は私には欠かすことのできない場所になった。今では月に1度ぐらいしか
行かなくなったけど、日常の気分転換にはもってこいなのだ。



どうゆうわけか、通りの北側(ソイ奇数)の方が店や露天が多く賑やかだ。
夜の12時までは衣料品などのお土産になるような商品が露天で売られている。
この通りが面白いのは12時を過ぎてから。通り沿いの露天が一斉に
片付け始める。すると今度は業種交代。食べ物屋やバーが通りに現れる。
一般店舗も閉店するので、シャッターが下りた店の前にはテーブルや
イスが並べられて屋台食堂やバーの客席に早や代わり。



そして夜中の2時を過ぎるとナナプラザやソイカーボウイなどが閉店し、
そこにいた客や夜の女たちが通りに溢れ出てくる。時間が経つにつれて
人の数は減って行くけど、明け方になるまで賑やかさは続く。



ここ最近はバーが増えた。通りの偶数側にも増えて来た。私はこれらの
バーで朝が来るまで飲んでいるのが好きなのです。



プロンポン〜トンローは日本人街が広がっている。日本語の看板も多く、
食事も故郷の物を食べることができるけど、旅行者にとっては異国の
雰囲気をぶち壊すだけなので、あまり近づく機会はないかもしれません。
(2010 10 24)



タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP