タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 文化 > タイには禁酒日がある


タイには禁酒日がある


タイではアルコールが飲めない日があります。それは仏教が関係する祝日。
こうゆう日は店頭での販売が禁止されます。ホテルなどは例外とされる
場合が多いですが、バーやゴーゴーバーなどの施設はその時によって
まちまちです。


飲酒が許される場合や、許されずにソフトドリンクだけで営業する場合、
休業してしまう場合など。 本当にお上のお達しが前もって通達されないので、
バーの女の子も前日になっても「明日、営業するか分らない」なんて言っています。


仏教では、飲酒というのはあまり好ましくないようで、ごく普通の日でも
アルコールの販売は午前11時から午後2時までと午後5時から深夜12時
までと決まっていて、これ以外の時間に行くと売ってもらえません。


毎日飲む人は、買える時間帯に買い込んでおかないと、いざ飲みたいときに
販売時間外なんてことになるのでお気をつけください。


私も必ず毎日飲む派なのですが、家に買い置きしておくと、あるだけ消費して
しまうので、その都度買うようにしています。だから飲みたいときに手に
入らなかったり、仏教関係の日だと知らずに買いに行き、レジではじかれて
しまうことが度々あります。


日本では仕事が終わったらまず一杯なんて当たり前のこと。
でもタイでは、酒やタバコは良くないこととされていて、毎日のように
コンビニにビールを買いに行く私は知り合いに会うと必ずと言っていいほど、
瓶の入ったコンビニ袋を指差されてしまいます。


なので日本の感覚で頻繁に飲む姿はあまりタイの人には見せない方が
いいような気がします。私自身、それで少々、人間としての信用を下げている
のではないかと、周りの反応から感じることがあります。
(2010/03/01)



タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP