タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > コラム > 持ち込みOK


持ち込みOK

タイの飲食店で寛大だなあと思うこと。それは食べ物、飲み物を
持ち込んでもとがめられることはない。バーなどで飲んでいるとき、
小腹が減ったらちょっと抜け出して屋台へ焼き鳥などを買いに行って
それを店内に持ち込んでもいい。


焼き鳥だけではない。食べるのに皿やスプーン、フォークが必要な
物を持ったまま店に入っても、わざわざ皿、スプーン、フォークなどを
出してくれる。オーダーしているのはビールだけなのに。。


もっと凄いパターンは、ステージがあって、そこで歌手が歌ったり
ショーが行われているようなところでは、店でボトルを頼むと高くつく。
なので、となりのセブンイレブンでウイスキーを買って、それを堂々と
持ち込む。


オーダーを取りに来た店員にそのウイスキーを渡して、注文するのは
氷や割るためのソーダーやコーラだけ。こんなことが普通にまかり通って
いるのです。


タイの飲食店では、よく物売りが堂々と入り口のドアを開けて入って来ます。
店内をぐるりと歩き回って客に物を勧めるのですが、ほとんどの場合は
客は迷惑そうな顔をしているわけです。


日本であれば、店員が割って入って追い出すところですが、(と言うか
そもそも他人の店で勝手に物を売る売るような人はいない)
タイではそんな光景はまず見られず、次々に物売りが勝手に店内に
入って来ます。


客でいるこっちからしてみれば、日本式に追い出してもらいたいのですが、
これがタイにおける助け合いの一つの形なのではないかなとも思います。
いいのか悪いのかよく分りませんが、国が違えばいろんな常識があるものですね。
(2010/2/15)




タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP