タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > コラム > 「微笑みの国」はウソ?


「微笑みの国」はウソ?

「微笑みの国」というのはタイ観光の有名なキャッチフレーズ。
きっとみなさん一度ぐらいは耳にしたことがあるでしょう。


でも私の知る限りでは「ウソつくな!」って感じです。
確かにタイの人は笑顔の作り方はうまい。あの満面な笑みは
人間的魅力を大きく上昇させています。


でもそれは「知り合い」という限られた人間関係のなかでのこと。
知らない人に満面な笑みなんて通常はない。
あるとすればお金を落としていって欲しいだけ。


それどころか外国人であるというだけで疑わしい目でみられることも
よくあります。

客という立場で店員などとのやりとりでは、およそサービス業とは
思えぬ態度で対応される。客のあつかいに関しては世界一の日本人から
すると、かなり不愉快な思いをすることがあります。

素っ気無い対応の欧米よりもさらに悪いです。私自身はタイの
周辺国のことはよく知りませんが、知っている人に言わせると
他の国のほうがよっぽど「微笑みの国」だそうです。

いつ誰がそう名付けたのか? 観光業界の戦略か?
真相は知りませんが、旅行パンフレットのキャッチフレーズと
現実にはかなりの開きがあるので、予備知識として知っておけば
違和感を感じる度合いも低くなるでしょう。


せっかくの旅行ですから気持ちよく過ごしたいですもんね。
たとえネガティブな情報でも行く前に知っておくことは、
旅を快適に過ごすツボでもあると思います。

12/09/2009

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP