タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > コラム > タイ 風俗 ここがいい


タイ 風俗 ここがいい


タイ旅行の代表と言えば、買い物やタイ料理、寺院巡りなどいろいろあるでしょう。健全な観光の一方で、「夜の歩 き方」(夜遊び。もっと正確に言うと女遊び)のみを目的とする人も多いようです。


「風俗」などどこの国でもあると思いますし、珍しいものでもないと思いますが、何故、タイの代名詞のようなイメ ージがあって、しかも実際に愛好者が多いのか?


私なりの見解を述べますと、「タイという国が見えて楽しいから」ではないかと思います。どうゆうことかと言いま すと、通常の風俗施設と言うものは日本と大差はありません。物価のちがいから値段は格安かもしれませんが、その ために費やす交通費、旅費、時間などを考慮すると差は無くなってしまいます。


団体大型バスで乗りつける下品な男性ツアーの輩は(中国人に多い)論外として、おそらくファンが好むのは、バー ビアやゴーゴーバーなどの飲食店に勤務する女性と店外でデートすることではないかと思うわけです。彼女らと街を 歩き、食べ、飲むなどの交流を交わすことで、タイの人の国民性や常識、習慣、考え方などが見えてきて(教えられ ることもある)楽しいのだと思います。


タイの男性は妻子があっても外に女を作り、いとも簡単に結婚生活をリセットし出て行ってしまいます。先進国のよ うに慰謝料や養育費などありません。たとえあったとしても、そんな金は受け取りたくない、自分自身でなんとかす るという強さがタイの女性にはあるのです。


その結果どうなるか? 地方の実家に子供を残し、バンコクなどの都会で水商売に手を染め、せっせと実家の子供や 両親に仕送りをしているのです。なので彼女たちの大半がそこそこの学歴もあり、教養もあるまともな女性で、政治 の話に熱が入る子も少なくありません。


日本のように、遊ぶ金欲しさで風俗などで働く子たちとは(中にはまともな人もいるでしょうけど)だいぶ「質」が ちがうのです。


老人や年配者を敬い、自分より持たない者には与え、女性としてはしたない振る舞いを恥、嫌います。他に選択肢が なく、収入の手段として風俗や夜の飲食店に勤めているのです。そんなまともな子たちと過ごす時間が楽しくないは ずがありません。


彼女たちを通して見えてくる「タイ」という国は敬意を払いたくなることもたくさんあります。その国のことが多少 なりとも分り、共感できれば最高の旅のスパイスになるに違いありません。タイの風俗ってそんな役目をしてくれて いる気がします。決してBADイメージの暗い部分だけじゃないと私は思ってますけど。
2008/05/23



タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP