タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > タイ料理 > ここで食べよう 隠れた名店


ここで食べよう 隠れた名店


タイではどこに行っても食べ物には困らない。道を歩けば嫌でも食い処を発見してしまう。ところが、みんなが食べ ている美味しそうな料理も、名前など注文の仕方が分らないとお蔵入りになってしまうのだ。私も食堂の前を指をく わえて通り過ぎた苦い経験がしばしばあります・・・


タイ人のようにすべての料理を熟知していない外国人には、いつでも好きなものをチョイスすることが出来ないとい う辛いハンディがあるのです。慣れるに従って自分の知るレパートリーも増えていくわけですけど、知らないものは 食べることができないわけで、本当に満足するのは意外と難しいタイの食事なのです。


ここでオススメしたいのがスクムヴィット ソイ・5。ソイの入り口から5〜6件の屋台が常に並んでいて、そこから少 し行ったところにあるスーパーマーケット。このスーパーを入った右手にカウンター席だけのレストラン(って言う のかな?)がある。ここが結構美味しいのです。


席はカウンターで25席ほど。いつでも込んでいて、一人で訪れても座る席がないこともしばしばです。午前中は欧米 人の客を連れた夜の女がタイ飯がダメな白人にブレックファーストを取らせています。。メニューは彼らが好む白人 用のものも多くありますし、タイや中華系のものまでオールラウンド。タイ人の利用者も多い(味は良いということ )です。


お味は外国人向けにアレンジしている感じがしますが、とにかく何を頼んでも美味しいんです。外したことはありま せん。メニューが英語で書いてあるのもうれしいですね。


そしてここは24時間営業。いつでも好きなものを満足に食べられます。値段は大衆食堂よりは高めですけど、十分リ ーズナブル。アルコールの規制時間帯には飲酒できないのが難点ですけど・・。


「タイに来た」という感じは確かに薄れますけど、食堂や屋台をうまく使いこなせくてお腹が怒っているときには立 ち寄ってみてはいかがでしょうか?

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP