タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 現地情報 > チップについて


チップについて

海外に行くと、チップの習慣のない日本人にはとまどうことがよくあります。渡すべきところで気付かずに恥をかい たり、渡す必要のないところで大盤振る舞いしてしまったり・・。


タイでは基本的にはチップは必要ないですが、ホテルで荷物を運んでもらった場合や、そこそこ値の張るレストラン 、長距離利用したタクシーなどではいくらか渡したほうがスマートです。


大衆食堂ではなく、また、レストランと言うほどのところでもない中途半端な場所では、タイの人を観察していると チップなしのケースが多いです。(払ってる人もいますけど)私は外国人という期待を察して渡してますけど・・笑


タイの人が多く利用する場所とは違って、外国人が出入りする場所では自然とチップの習慣がついてしまっています 。西洋人たちが定着させてしまった文化がそこにはあります。特に夜の世界では(ナイトライフ)必須ですので、せ っかくの楽しい場を最後にぶち壊さないようにしたいものです。タイではケチは最も嫌われます。軽蔑に値するので す。


バービアやGOGOバーなど、どこの店でも会計時には、席で請求された額を店員にわたし、レジで精算を済ませた店員 が銀色のお釣りトレーにのせてお釣りを持ってきます。セコイことに、チップを稼ぐために札で返せばいいものをわ ざわざ小銭にして持ってくるのはよくあることです。


例えば、80バーツのお釣りであれば、20バーツ札4枚ではなくて、20バーツ札3枚と10バーツコイン2枚といった感じで す。小銭を財布にしまうのはあまりスマートではありませんから・・


では、いくら渡せばいいのか?支払った金額や居た時間によって臨機応変でいいのですが、20〜100バーツぐらいが適 当だと思います。ここで注意したいのは、トレーに残したチップは店に入ってしまいます。(あとでみんなで分ける みたいですが)


一緒に飲んで話をした女の子に対しては、別に渡してあげたほうがいいわけです。ただ横に座ってただけでロクに会 話もなければ無しでもいいと思います。そもそもチップとは、強制ではなく満足度の表現なのですから。大変に満足 したなら大盤振る舞いもいいじゃないかと思います。


そもそもチップ文化ではないタイです。「満足度に対する心づけ」をあまり理解していない子もいて、資格もないの にチップをねだる場面もしばしばあって、不愉快な思いをすることもあります。


客の扱いに慣れている子はそんなことはしません。そのほうが好感度アップで結局は多くのチップを得られることを 知っているわけです。


私の場合、基本的には(基本は満足度によって乱高下する 笑)適度に会話を交わしたなら100バーツ、もうちょっと 深く話し込んだなら200バーツ程度わたしています。話が盛り上がった相手なら、後日また来ることもあるわけですし 。



ではマッサージパーラーではどうか?これも個人の気持次第ですが、200〜500バーツぐらいが相場となっていると聞 きます。中には1000バーツも渡す人も結構いるようです。これも個人の勝手なので本人がよければそれでいいわけで すが、彼女たちの客1人当たりの手取りが1000バーツ程度ですから、チップに1000バーツは行き過ぎのようが気がしま す。


あと、部屋に入ると飲み物の注文を取って運んでくる女性が来ますので、ここでも少々のチップを渡したほうがいい ですよ。女の子はしっかりそれを見てますので。
2008/01/14

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP