タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 文化 > タイ式マッサージ(フット編)


タイ式マッサージ(フット編)

どこに行っても目にする足の裏マークの看板。ここに行けばタイ古式マッサージやフットマッサージが受けることが できる。通常は建物の中でおこなっているけど、地方に行くと道端でフットマッサージだけをやっている店もある。


料金はバンコクなどの大きな都市やリゾートでは1時間200バーツ、地方へ行くと100バーツぐらいが相場。


リクライニング式のイスに腰掛け、裸足になって足を台の上に乗せる。すると、ちょっと粘っこいクリームを塗られ てマッサージが始まる。単純に握力だけで揉むパターンは少なく、塗ったクリームを滑らせながら、ツボを刺激する といった足ツボマッサージです。


ふくろはぎの辺りから指の先まで、丹念に気持いいツボを程よい圧力をかけながら、クリームの潤滑にのってオバサ ンの力強い手がつつんでくれるのです。


特に足の甲を側面からジワリと指圧をしてくれると、普段は受けることのないその心地よさは、よだれが垂れてしま いそうなくらい気持イイです。ウトウトとまどろみに落ちるって表現がぴったりです。

タイ古式マッサージ店


ときには鉛筆よりも幾分太めの棒を使って、足の裏のツボをゆっくり突いてくれます。(変にハマると痛い・・)


目をつむり、ボッカリと大きく口を開けて、マヌケ面すること1時間。あっという間に幸せのひと時は終わってしまい ます。渋々と靴を履き、歩いてみるとナンと足の軽いこと! 普段ただ歩いてるだけの足でも相当な疲労がたまって いたことに気付かされます。


毎日でもやっていただきたいフットマッサージですが、やってもらう人によって腕の差がずいぶんあるのが残念なと ころ。私の経験からいくと、スケベ心を出して若いキャシャなマッサージ師を選ぶのではなく、太った力のありそう な年季のはいったオバサンを選ぶと当たる確立は上がります。



これだけマッサージが普及しているタイですから、一般の人でも、プロレベルとまではいかないまでも、結構いいマ ッサージ術を心得てます。知り合いにやってもらったことがありますが、蚊に刺されたときに痒み止めとして塗る( 多分)緑色の軟膏を塗ってやってました。


でもこれが店で塗ってもらうクリームと同じ感触なんです。そう言えば、店のオバサンも緑色のクリームを使ってい た気がします。


やってもらうだけでなく、それをよく見ていて次は交代しろと言われていたので、見よう見まねやってあげると、け っこう気持いいみたいでなかなか手を止めさせてもらえませんでした(笑)


あの緑色のクリーム。行商しているオジサンが肩から籠をぶらさげて売っていましたが、うっかり買い忘れてきたの が心残りです・・・
2007/9/29
フットマッサージ

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP