タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > ナイトライフ > ナナエンターテイメントプラザ


ナナエンターテイメントプラザ

ナナエンターテイメントプラザ



バンコクスクムビットの代表的なナイトスポット、ナナプラザ。GOGOバーが密集し、その周辺の賑やかさは朝まで続 く。


スクムビット通りソイ4にあるナイトライフの宝箱ナナプラザ。夕方を過ぎると段々と人通りが増えて賑やかになっ てくる。プラザ入り口にはオープンバーがあって、奥に進んでいくと中庭にもオープンバー。それを囲むように3階建 てのきらびやかな建物がある。


建物にはGOGOバーがひしめきあっていて、プラザ全体から大音量の音楽が流れ出していて、訪れた者の気持ちを高め てくれる。


プラザ前の通りは(ソイ4)屋台が立ち並び、プラザへ足を運ぶ人たちを乗せたタクシーやトゥクトゥクで渋滞がで きている。通りにあふれる女の子たちの服装もきわどい。異様な雰囲気で男性客の心をがっちり掴んでしまい、一度 入ったら閉店まで出で来ることはできない、不思議な魅力のナナプラザ。


以前は深夜遅〜くまでやっていたが、営業時間の規制が行われてからは、これら風俗店は午前1時までとなってしまっ た。実際には大抵の店は2時ごろまではやっている。


午前2時を回ると警察の巡回が入り、店は閉店。続々と中にいた客や従業員が出てくるわけだが、「いったい何人の人 がこの建物に入っているのか?」と思うくらい、退場者の行列は終わらない。


そしてネオンの灯かりが落とされるナナプラザ。しかし、中から出てきた群集はすぐに帰ろうとはしない。プラザの 前でしばらくタムロしたり、スクムビット沿いの屋台、まだ営業している酒場へと流れていく。


こうして明け方4時ごろまではガヤガヤと賑わっているスクムビット周辺。タイの歓楽街の夜は熱く長い。

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP