タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > タイ料理 > 安い・旨い!路上の屋台


安い・旨い!路上の屋台

屋台と言っても本格的

タイでの食事は路地裏に限る!ご飯もの、麺類、シーフードに満足のディナーまで、欧米旅行とはちがって日本人にはうれしいメニューがいっぱい!


日本人には愛称ぴったりのタイの屋台。大きな通りでも路地裏でも、どこを歩いていても食べ物の心配はまずいらない。ご飯と一品料理、麺類、バーべQ、果物、我々日本人が日常の生活で食べたいと思うものは何でもあるからありがたい。白人さんなんかはすぐ飽きてしまうらしく、ときどき見かけるハンバーガー屋に群がっていますけど・・ 


美味しいだけでなく、めちゃくちゃ安いのがとっても魅力。メインになるものを何か一品頼んで30バーツ程(90円)それにペプシか水を注文してお一人様50バーツ(150円)もあれば事足りる。バーべQなどは一本10バーツ(30円。地方に行くと5バーツだったりする)(普通の串焼き。日本で言ういわゆる焼き鳥。ビーフ、ポーク、チキン、フランクソーセージもある)


バーべQのように、出来上がったものを袋に詰めてくれる場合は別として、通常は屋台の横にいくつかの簡易テーブルが並べられていて、混雑時には相席することもしばしば。


バミーナーム



屋台の活躍は昼間だけではない。営業は深夜まで続く。安くて旨いと、牛丼屋のように簡易的なイメージのある屋台ですが、それだけではないのです。夜になるとそこそこ値段の張るディナーだっていただけます(昼間でも注文すればあるのでしょうけど)アルコールだっていただけます。


難点を言えば、基本的にはメニューというものがない。あってもダンボールで作った札を垂れ下げているぐらいで、しかもタイ語。タイの人は「レバニラくれ!」みたいな感じで注文していますが、外人にはこれはちょいと難しい。でもほかの人が食べているやつを指差して「あれが欲しい」と言えば通じます。また、出来上がったおかずを並べてある店もあります。食べたいと思うものを適当に2〜3品選べば、ご飯の上に盛ってくれます。これが一番簡単な方法じゃないでしょうか?


「不衛生」と言う人もいらっしゃるかと思いますが、その感じ方にはだいぶ個人差があると思います。確かに屋外ですし、食堂とちがって水も限られています。もっと清潔な場所と比べてしまえば不衛生かもしれません。しかしながら、よほど神経質ではない限り、食欲を害するほどの不快感というのはないと思いますよ。日本から小さな子供を連れて行く場合には少し気になるかもしれませんけど。
タイでは屋台で食べよう
2006/02/16

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP