タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > 現地情報 > トイレ事情


トイレ事情

この水で流す



世界広し。トイレにおける常識は各国それぞれちがいます。西洋諸国ではいわゆる洋式。でも日本のトイレが排水能 力はピカイチですね。外国では詰まって溢れ出すなんてこともしばしば。タイのトイレは日本と少しちがいますけど 、快適に使えますよ。

空港、ホテル、デパートなど、ごく普通に外国人が出入りする場所では洋式が使われています。ですが一歩ローカル へ踏み込むと一見日本の和式のようなトイレに変わります。


でも慣れないとちょっと使いにくいかもしれません。と言うのは、便器と床の高さが同じではなくて少し高くなって いるのです。その上、足を置く位置まで便器の一部になっているんです。正直言うと「もう少し足を開きたい!」の です・・


床より高くなっているので、足置きから踏み外すこともできずに、ちょっと狭苦しいスタイルで用を足す格好になっ てしまうのです。体のでっかい西洋人にはかなり辛いのではないかと思いますけど。


そして腰を下ろす向きは日本と逆に座ります。「えッ〜?それじゃはみ出しちゃうよ!」と思うでしょ?でも「キン 隠し?」って言うのかな? これが無くて平らになっているので心配御無用です。


さて次に、我々にとって一番抵抗があることが起こります。「紙がない!」のです・・ トイレには座っている場所 から手が届くところにシャワーのようなホースがあります。その先端はシャワーではなく「ジェット噴射」です。タ イの人はこの「ジェット噴射で」お尻を洗うのです。


私には、あれでは満足いくようなお掃除が出来ないのではないか?と思うのですが、地元の人はうまくやっているの でしょう。そして洗ったあとの濡れたお尻はどうするのか? 私のタイ人の知人は女性なので、そこまではちょっと 聞きにくいのです。と言うか教えてくれません。


そのうち覗いて事実を確めようと思ってます(笑)もちろんの事ですが、私は常にポケットティッシュを持ち歩いて います。ではその使ったティッシュはどうするのか?そもそも紙を使わないことを前提としてできているトイレです 。排水能力は高くありません。私はそのまま流してます。


ガイドブックには「流すな」と書いてありますが、捨てる場所もないのに「流すな」はないでしょう。流すしかない のです。でも詰まったことはありません。また、外国人が使用する頻度が高まるにつれて、紙を捨てるためのゴミ箱 が置かれていたり(日本の山小屋もこんな感じですね)もっと高まるとトイレットペーパーが備え付けてある場所も あります。


そしてようやく流すわけですが、水洗ではありません。便器の横には水を溜めておくコンクリートの囲いまたは大き なバケツがあって、その水を柄杓でくんで自分で流します。ですから大きいのをするときは、排水口(穴)にうまく 落とさないと流すときちょっと苦労します。そのために日本とは逆向きに座るんですね。

タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP