タイの玄関口バンコクまで成田からおよそ6時間。国土約51万4000ku(日本の1.4倍)
人口約6426万人の大国。世界各地から旅行者の人気を集める熱帯気候のタイランド。
比較的低予算で気軽に行ける渡航先として、日本でも常に行き先の上位ランクに入る国。
大都会のバンコクを始め、パタヤーやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い
遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。気さくで陽気なタイの人々。
世界広し、様々な魅力的な国がありますが、タイ王国もその一つに入るでしょう。
このサイトは管理人が勝手に感じるタイランドを勝手にお伝えしていきます。

魅力がいっぱいタイ王国! > コラム > ビールといえばこれ


ビールといえばこれ


地元の人に根強い人気の国産ビール、チャーン(売上げナンバー1)やREO、外国勢のハイネケン、クロスター、カ ールスバーグもありますが、やっぱりタイを代表するビールと言えばSHINGHA BEER♪


タイのビールで有名なのはSINGHA BEER(シンハー)。多くの人に受け入れられる飲みやすい味。どんどん本数を重ね てしまいます。町を彩る看板にはこの「SINGHA]の文字がよく目立つ。これに慣れると日本ではシンハーが恋しくなり ます。全く手に入らないことはないですけれど、扱っている店は少ないのでなかなかお目にかかれません。


酒場で一番飲まれているのはこのSINGHAかハイネケンです(ハイネケンは外国人が出入りしない店では見かけないで す)タイの人は「ビア・シン」と呼んでいます。食堂で飲むと小瓶でだいたい50バーツ、大瓶で90バーツ。酒場で飲 むと小瓶90バーツ〜110バーツぐらいです。ハイネケンはSINGHAより10バーツ程度高いのが相場。


庶民に愛されているビールはSINGHAはもちろんですが、象のマークの「チャーン」と赤いラベルの「REO」です。理由 は単純、SHINGHAより10バーツほど安いからです。地元の人が一番よく飲んでいるチャーンビール(実はこれが売上げ ナンバー1)、アルコールの味が強く(日本で言うとアサヒのスーパードライをもう少し濃くした感じ)翌日頭痛を起 こすこともしばしば。地元の人も「チャーンビールは頭痛がするからよくない。安い酒だ」と言いながら飲んでいま す(笑)。「REO」も「チャーン」と同じ価格帯で、こちらは日本のオーソドックスなビールの味で飲みやすいです。


たった10バーツの差ですけれど、庶民にとってSHINGHAはちょっと贅沢品のようで、いつでもSHINGHAとはいかないよ うです。日本でも外へ飲みに行くとビールを注文しますが、日頃の食卓は発泡酒っていうのと同じですね。


タイの基本情報

空港からのタクシー

役立つ?(かもしれない)
Q&A


タイ旅行・持ち物

タイの夜

管理人の日記

写真集

タイ文字講座



相互リンク 検索エンジン登録

スポンサードリンク


最後まで読めたらクリック1回お願いできませんか?
TOP